悉皆とは?

「悉皆」という言葉は元来「ことごとく全て」という意味で、着物の世界においては、お手入れからお直し、加工に至るまでの全ての作業を示し、着物のドクターのようなものです。

「悉皆」は熟練された職人が分業しますので、きものを再生させる工程として:洗い・染め・金箔加工・刺繍・仕立ての専門等とそれぞれの分野があります。
お手入に於いて、丸洗いや部分汚れ(シミ・カビ)落とし以外は、一旦すべての縫いを解いて反物の状態に戻しますので(洗い張りと言います)、単なるクリーニングとは異なるのです。

この悉皆を行う、いわゆる着物ドクターの技術は多くの知識が必要で、仕上がりには各呉服店の個性やセンスが表れます。

さゝやの悉皆

さゝやでは、お客様が現代の感覚でお召しになられるように大切な着物を再生させることを目指しております。つまり、「古い着物」だと感じさせないよう、そして時代の景色に合うように加工(配色・刺繍・箔置き)のバランスを考慮し、甦りを提案させていただいております。

特に色は人を美しく見せる為の大切な要素となります。ですから、着物の場合は生地により同じ色の染料でも、染め上がりの色が違ってきますので、経験により見分けてつくることを大切にしております。
そして同時に、お客様のご要望に合わせる為、ゆっくりお話をさせていただきご相談のうえ悉皆を承っております。